Re:Found Festival

Re:Found Festival は、現在準備中です。

※重要なお知らせ

 3月19日に開催予定の「Re:Found Festival」について、今回は開催定員に満たず、開催を延期することになりましたことをお伝えさせていただきます。 公演を楽しみにチケットをご購入いただきました皆さまには多大なるご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 本イベントの振替日程につきましては、情勢を配慮しながら慎重に協議してまいります。ご案内まで少々お時間をいただく可能性がございます。 決まり次第、改めて本サイト・公式SNSにてご案内させていただきます。 ご了承いただけますと幸いです。
 チケットの払い戻し方法については、運営側よりチケットをご購入の際に入力いただいたメールアドレスへ詳細をご案内させていただきます。

「わたしが見つけた、喜び、楽しみ、そして幸せ、
大事なものはいつだって、自由な心と自然が再会させてくれる。」

LIVE ACT

東郷清丸(トウゴウ キヨマル)

横浜生まれ。2017年に1st Album「2兆円」、2019年に2nd Album「Q曲」を発表。両作品ともに、若手ミュージシャンのための音楽賞"Apple Vineger Music Award"にノミネート、「Q曲」は審査員特別賞を受賞。DIYスタジオに演奏家を招聘し一日でミニアルバムを録音・発表した「トーゴーの日2020」や、コロナウイルス感染拡大の影響でイベント中止が相次いだ2021年のゴールデンウィークに、毎日あたらしい歌を公開した「Golden Songs Week」など、音楽をつくる行為そのものを遊ぶ。開放的な音楽観を活かしてCMや映画・演劇への楽曲提供も多く手掛け、そのほか映像やラジオへの出演も行う。

食品まつり a.k.a foodman
名古屋出身の電子音楽家。2012年にNYの〈Orange Milk〉よりリリースしたデビュー作『Shokuhin』を皮切りに、〈Mad decent〉や〈Palto Flats〉など国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、2016年の『Ez Minzoku』は、海外はPitchforkのエクスペリメンタル部門、FACT Magazine, Tiny Mix Tapesなどの年間ベスト、国内ではMusic Magazineのダンス部門の年間ベストにも選出された。その後Unsound、Boiler Room、Low End Theoryに出演。2021年7月にUKのレーベル〈Hyperdub〉から最新アルバム『Yasuragi land』をリリース。Bo NingenのTaigen Kawabeとのユニット「KISEKI」、中原昌也とのユニット「食中毒センター」としても活動。独自の土着性に下地にジューク/フットワーク、エレクトロニクス、アンビエント、ノイズ、ハウスにまで及ぶ多様の作品を発表している。

松本一哉
音楽家・サウンドアーティスト・ドラマー。 主に調律された楽器ではなく、造形物・非楽器・自然物・身体などを用い、自身の音と環境音との境界線を無くし、聴く事に没入させる即興表現を追究。 これまでに「水のかたち」「落ちる散る満ちる」の音源作品をミニマル・アンビエントの名門レーベルSPEKKからリリース。 偶然に起こる環境音との即興による音源制作をはじめ、映画・映像作品、舞台公演、商業施設などへの楽曲提供、全都道府県演奏ツアー、コロナ禍にライブ公演を行わず人に会いに行く事を目的に企画した「人の音を聴きに行くツアー」、空間展示、サウンドインスタレーション、展示会場に滞在・生活して音を展示し続ける動態展示、今野裕一郎が主宰するパフォーマンスユニット「バストリオ」との公演や企画に参加、北海道知床で開催された「葦の芸術原野祭」の立ち上げから実行委委員として参加するなど、音による表現を軸にボーダレスに活動を展開している。

感染症対策についてのガイドライン

■新型コロナウイルス感染症対策について


⑴ お客様の体調について
・Re:Found Festivalをより安心・安全に開催できるように、参加者は日頃から健康管理に気を配り 、睡眠と休息と食事をしっかりとり、 免疫力を正常にして、体調を整えてご来場ください。

・発熱(37.5度以上)や咳等の風邪症状が少しでも見られる方はご来場をお控えください。

・体質的にコロナ感染に少しでも不安のある方は、感染防止のため、 お申込みをお控えください。

・入場時、投射型非接触式温度計にて全ての参加者の検温を行います。 ご理解、ご協力お願いいたします。

・ご来場された場合でも、発熱、咳等の風邪症状が見受けられる場合、 ご退場していただく場合がございます、ご了承ください。


⑵ ソーシャルディスタンスの確保
・会場内では、適切な距離確保にご協力下さい。必要以上の大きな声での会話はお控えください。


⑶ マスクの着用
・マスクをご装着の上ご来場お願い致します。 お忘れになられた方は、受付にて用意しておりますマスクの着用をお願い致します。 飲食時を除き、なるべく着用いただきますよう、ご協力お願い致します。

・運営スタッフはマウスシールドまたはマスクを着用しております。 ご理解ご了承ください。

⑷ 手洗い・消毒の励行
・入場時、全ての参加者の手指へ消毒用アルコールを噴霧致します。スタッフの指示に従いご協力をお願いいたします。

・定期的な手洗い、消毒をお願いいたします。受付ブース、本部ブース、その他各ブースにてアルコール消毒液を設置しております。積極的にご利用ください。


⑸ 新型コロナ接触確認アプリの導入にご協力ください。
・参加者の皆様におかれましては、下記の新型コロナウイルス接触確認アプリの導入をお願いしております。ご登録のご協力お願いいたします。【厚生労働省】新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)

政府と自治体の方針に従い、より安心・安全にRe:Found Festivalを楽しんで頂けるよう、ご来場者にコロナ陽性者がいない状況で開催いたします。ご参加予定の皆様方一人ひとりのご協力をお願いいたします。何卒ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。